読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

骨粗鬆症の薬の効果は?

骨粗鬆症… 骨密度が低下して骨の強度が弱まり、骨折しやすくなる病気

骨がスカスカになってしまうんですね(-.-)

 

骨粗鬆症の原因は、骨の新陳代謝である「骨吸収(古い骨を壊す)」と「骨形成(新しい骨を作る)」バランスが崩れて、骨形成より骨吸収の速度が早くなってしまい起こるのです。

 

 

現在、50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症になっているといわれます。

 

確かに女性の方の骨折率は高いです

 

背骨・腰骨など圧迫骨折(ぐしゃっとつぶれてしまう)すると、背中が曲がってしまいます。あと、転倒して足の太もも(大腿骨)の骨折をすると、寝たきりのリスクも高くなります。

 

その為に、治療として、食事療法・運動療法薬物療法があります。

 

薬物療法は、ほとんどの人が服薬してるのではないでしょうか?

 

しかし、骨折を引き起こしている人もおられます。

薬物療法では、骨吸収を抑制したり骨形成を促進する薬を服用しての治療ですが、中には、ほとんど効果のない薬もあります。

 

しかし、また処方された薬が効果のある方もいるのも事実

 

 

故に、飲んでも飲まなくても良い薬だと思われます。

 

ある整形外科のドクターは、「そんな薬、飲まんでも良い」と中止させてしまうのですf(^_^)

 

それより、転倒しないように、食事をちゃんと摂り、筋力を付けるほうが、元気に居られるかと思います(^-^)

 

 

骨折などせず、姿勢の良い元気でハツラツと生きましょう♪